風俗で変態度が増した時の体験談です。

風俗では変態度増す説

風俗では単純な方が良い

投稿日:2017年2月3日

職場にも若い女の子は多いんですよ。彼女たちとしゃべっているとセンテンスが短いのでもっとちゃんと喋れよって思うんですけど、ただ風俗で若い女の子と喋るのは全然腹立たしい気持ちにはならないんですよね。そこら辺の心境の違いは仕事とサービスとの違いなのかもしれませんし、何より風俗でセンテンスを長くして語っても仕方ないじゃないですか。逆に語られても困るというか、こっちとしては会話を求めている訳ではありませんしね。だから風俗を楽しむのであれば会話なんて必要最小限の単純なもので良いのかなって。ただデリヘルの場合は少しくらい話しても良いかもなと。デリヘルってお互い安心感のようなものがあるじゃないですか。だから短いセンテンスであれこれ喋るよりも、多少センテンスを長くした方がよりコミュニケーションが深まるんじゃないかなとも思うので、ここら辺に関してはケースバイケースかなって思いますし、それを見極めるのも自分の実力ですね。

語っても仕方ないですしね

風俗では自分のことを語る必要なんてないだろうって持って、基本的には風俗嬢に喋らせるようにしています。風俗嬢の中には承認欲求が強い子も珍しくはないので相手の話を聞いていた方が、「いい人」みたいに思われてしっかりと楽しませてもらえるってケースも決して珍しくはないんですよね。だから風俗では自分のことなんてそうそう語りません。ただデリヘルだとあまりそういったことは意識しないんですよね。デリヘルの場合、自然体というか、あまり何をしようとか何を話そうとか決めるのではなくて、女の子と顔を合わせてから決めるくらいの方が結果的に良い時間になるなってことに気付いてきたんですよ。だからあまりあれこれ深く考えないようにしていますけど、ただ長ったらしく自分のことを語っても仕方ないかなとは思っています。それよりも、ノリの良さで女の子との距離感を縮めた方が結果的に良い時間になるってことに気付かされたので、それを心がけています。